借金を減らして新たな人生を始めよう

借金をするときは返せると思って借りるのですが、急に職を失ったり悪徳な業者に騙されたりして返済できない状況に追いやられることもあります。


ある程度の努力はすべきですが、どうにもならないのに放っておいて借金を膨らませてしまうような事態は避けたいものです。
精神的にもつらい状況が続くと正常な判断ができなくなってしまうこともありますので、早めに借金を減らす方法を考えましょう。


有効な法的手段として「債務整理」というものがあります。
・特定調停
・任意整理
・個人再生
・自己破産
の4つに分けられ、あなたの状況によって向くもの・向かないものがあります。

自己破産以外の方法は借金を減額し支払っていくことが前提ですので、収入のある人(もしくは見込みがある人)に向いています。



特定調停と任意整理は、借り入れ当初にさかのぼって法律上限金利で再計算することで借金額を減額しますので、借り入れ期間が浅い場合などは減額が見込めないこともあります。

自己破産は借金の支払い義務がなくなりますが、高額な財産(家や車など)は手放さなければなりません。
状況がひっ迫しているけど手放せない財産がある場合は個人再生が向いています。


専門家に相談するのがベスト

どの方法を選択するかは自分だけで判断せず、法律の知識や経験に基づくノウハウを持っている専門家に相談することをおすすめします。


具体的には弁護士や司法書士に相談することになりますが、借金問題に強い弁護士・司法書士が良いでしょう。
直接事務所を訪ねなくとも、法テラスなどの機関に相談して弁護士・司法書士を紹介してもらうことができます。


借りられない期間を再出発に活かす

債務整理をすると個人信用情報に登録され(俗にいうブラックリスト)ますので、5~10年程は新たな借り入れやクレジットカードの利用が難しくなります。


不便に感じることもあるかもしれませんが、これらを使わずに生活していく習慣を身に付けるいいチャンスです。


せっかく債務整理をして借金苦から解放されても同じことを繰り返したら元も子もありません。今の状況から脱出できるかはあなたの気持ちにかかっているのです。