民事再生とは?個人再生とは違うの?

家を残して債務整理をする「民事再生」

民事再生とは、住宅などの高価な財産を残しつつ借金額を大幅(5分の1程度)に減額し、原則3年間で分割返済していくという法的な手続きです。


自己破産のように借金の全額を免除してもらうことはできませんが、持ち家を処分する必要がないのが特徴です。(住宅ローンは減額されません)
また、自己破産では手続き中に就くことのできない職業のかたでも仕事を続けながら手続きができます。


(民事再生と自己破産)

 民事再生 自己破産
返済義務 減額後の借金は返済義務が残る 原則すべて借金の義務がなくなる
財産 処分されない 高価な財産は処分される
職業の制限 なし あり


「個人再生」は民事再生の個人版

民事再生は大きく分けて会社向けと個人向けがあり、個人向けの民事再生が個人再生です。
上記で説明した民事再生も個人再生のことについてお話しています。


個人再生にも2つあり、小規模個人再生と給与所得者等再生に分けられます。

○小規模個人再生
住宅ローンを除く借金が5000万円以下で継続して収入が見込める個人が利用できます。
債権者の過半数の同意が必要でかつ同意した債権者からの借金額の合計が総借金額の半分以上でなければなりません。

最低返済していく必要がある金額は次の2つのうちで多い方となります。
・法律で定められた最低弁済額
・保有財産の清算価格の合計

○給与所得者等再生
小規模個人再生を利用できるひとのうち、給与所得などの安定した収入があるひとが利用できます。
通常、小規模個人再生よりも返済額が多くなりますが債権者の同意についての制限はありません。

最低返済していく必要がある金額は次の3つのうちで多い金額となります。
・法律で定められた最低弁済額
・保有財産の清算価格の合計
・可処分所得の2年分
 可処分所得・・手取り収入から最低限の生活費を引いたもの


法律で定められた最低弁済額
借金の総額 最低弁済額
~100万円 借金の総額
100~500万円 100万円
500~1500万円 借金の総額の5分の1
1500~3000万円 300万円
3000~5000万円 借金の総額の10分の1