債務整理をするべきかどうか悩んだら

毎月の返済が難しくなってしまったけど借金額はそこまで多くない。
ボーナスで返済することもできなくはないけど、ボーナスで支払うと生活に支障をきたす。
支払いはできるけどこのままでは何年たっても完済できそうにない。

このような場合は債務整理を検討するべきです。
自分がした借金だからちゃんと返さないとという気持ちをお持ちなら、なおさら借金問題を解決して負のスパイラルを断ち切りましょう。

債務整理=自己破産というイメージを持たれがちですが、財産を処分せずに借金を減額して返済していく「個人再生」「任意整理」「特定調停」という方法もあります。

特定調停→正しい利息で借金を再計算し、金額と支払額を裁判所の調停で決め直す。専門知識がなくても大丈夫だが、調停で決まった支払計画を守れないと即財産を差し押さえられる恐れがある。


任意整理弁護士などが間に入って債権者と話し合い、借金額の再計算や支払額の決め直しをする。弁護士費用はかかるが手続きを任せられるのは安心。
個人再生 裁判所への申し立てで住宅ローン以外の借金を減額できる。家などの手放せない財産があるひとに向いている。


自己破産裁判所へ申し立てて支払不能と認められれば借金がゼロになる。一定以上の価値がある財産は手放さなければならない。


無料で相談を受けている弁護士事務所や機関がありますので一度相談してみましょう。
あなたに合った方法があるはずです。


手続きには費用がかかりますが、費用をかけてもその後の生活のために有利となれば債務整理を選択するのが賢明です。
また、手続き中は督促や支払いが止まりますので精神的にも救われます。

債務整理をするといわゆるブラックリストに載ることになりますので、一定期間は新たな借り入れができなくなったりローンやクレジットカードの利用が制限されるようなデメリットもあります。

こういったデメリットも含めて総合的に考えて決めると良いでしょう。