任意整理のメリットとデメリット

借金を整理して負担を減らす法的な手続きを債務整理といいます。
債務整理には「特定調停」「任意整理」「民事再生」「自己破産」といくつかあります。

このなかで最もよく利用される方法が「任意整理」です。

裁判所を介さず借金額や支払方法について債権者との話し合いで決め直す手続きです。
あなたに代わって弁護士や司法書士が交渉してくれるので債権者と直接話すことはありません。

具体的には、法律の制限を超えた利息分を元本に充てることで借金額を減らしたり、将来の利息をなくしたりして3年程の分割払いにします。
一括払いにする条件で借金をさらに減額してもらうケースもあります。


任意整理のメリット

・借金の減額や利息のカットで支払い負担が減る
・裁判所を介さないため提出書類の作成や裁判所への出頭がない
・自己破産と異なり財産を処分する必要がない
・柔軟な債務整理が可能(自動車ローンや保証人がいるものを除いた借金を整理する等)


任意整理のデメリット

・個人信用情報に事故情報として(いわゆるブラックリスト)載る
・民事再生や自己破産と比べると借金額を減らす効果がすくない
・債権者によっては同意してくれない場合もある


手続きの流れ

1.弁護士や司法書士へ依頼する
  依頼を受けた旨を債権者に通知すると、以降の取り立てや返済を止めることができます。

2.法律の上限金利に基づく利息計算をして借金額を算出する
  元本がなくなり払い過ぎている場合は過払い金の返還請求ができます。

3.和解交渉
  借金額・返済期間・月々の返済額などの和解案を債権者へ提示し、話し合いをします。

4.合意
  和解案での支払いを開始します
  債権者と合意できれば、合意内容にしたがって返済を始めます。

5.完済
  返済が終わると任意整理手続きは完了します。



債務整理中の人でよく「お金を借りたい」という人が多いみたいですが、基本的に債務整理中は借りられない場合が多いです。ただ、任意整理は他の債務整理に比べて審査が通りやすいそうなので、もしかしたら借りれるかもしれません。

債務整理中の人でお金を借りる方は借り過ぎに要注意です!

参考サイト→無職でもお金を借りれるカードローンはこちらをご覧ください